しつこい大人ニキビ!その原因とスキンケアの方法

体調の悪い時や寝不足が続いたりすると出てくる大人ニキビに悩まされてる人は多いのではないでしょうか?
また、10代の頃はニキビとは無縁だったのに、20代後半になってニキビに悩まされているという人もいるでしょう。
しつこい大人ニキビの治し方と、正しいスキンケアを身につけましょう。

ニキビ(大人ニキビ)ができる仕組み

なぜニキビはできてしまうのか

大人ニキビが出てくる原因は様々です。

仕事が忙しく不規則な生活になったり、ホルモンバランスの乱れなど。

特に、女性にとってホルモンバランスの乱れは避けられません。生理のたびにニキビが出てきたりと、とても憂鬱な気持ちになりますよね。

内面と外面から、どちらからもストレスが加わることで出てくる大人ニキビは複雑で、
とてもやっかいな存在です。

ニキビの根本的な理由は乾燥にあります。オイリー肌の人、混合肌の人など、肌質は人それぞれですが、乾燥が原因で皮脂が分泌されすぎてしまうことによって治りにくいニキビが出てきてしまいます。

基礎化粧品を使って、しっかりと正しいスキンケアをすることが何よりも大事です。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

・思春期ニキビ

思春期ニキビとは、余分な皮脂で毛穴詰まりができ、炎症を起こすことによってできます。

あとは、成長に伴うホルモンバランスの変化も原因の一つです。

主に皮脂の分泌がされやすいTゾーンにできます。

・大人ニキビ

大人ニキビとは、思春期とは違うホルモンバランスの変化、皮膚への強い刺激、油分や糖分の多い偏った食生活、免疫力の低下など、ターンオーバーの乱れで古い角質が詰まることによってできます。顎、頬、口周りなど、乾燥しやすいところにできます。

様々なニキビの種類

ニキビの種類ごとの違い

ニキビの進行状態で種類が変わってきます。

・白ニキビ

白ニキビは初期段階。炎症はまだ起きておらず、毛穴の周りの角質が厚くなり、ふさがった毛穴に皮脂や角質が詰まってしまうことによってできます。

ここで正しいケアをすると、悪化せずに済みます。

・赤ニキビ

赤ニキビは痛みやかゆみを伴うことがあり、色が濃くぷくっと盛り上がっているので、目立ってしまいます。痛みの原因は、毛穴の内部で皮脂を栄養分として繁殖したアクネ菌を攻撃するために、白血球が集まって炎症を起こしているためです。
つい触ってしまいがちですが、触らないようにするのが正解です。

・黄ニキビ

赤ニキビが更に炎症したものが黄ニキビです。
周りは赤く、中心に膿がたまりそれが黄色く見えます。
膿が出てきたら治ってきているサインですが、ここで無理やり潰すなど肌を傷つけるようなことをすると、跡が残りやすくなります。

できてしまう部位ごとの違い

大人ニキビはでてくる部位によって、原因が異なります。

・おでこ

おでこには皮脂を分泌する皮脂腺が多く集まっています。おでこが脂でテカりやすいのはそのせい。
皮脂が過剰に分泌すると毛穴が詰まり、ニキビの原因になります。
また、髪の毛や整髪料による刺激、シャンプーの洗い残しはニキビを悪化させるアクネ菌の栄養源になってしまうため、気をつけなければいけません。

・鼻

毛穴が多い小鼻周りは角栓も目立ちとても気になる部位です。
洗顔でゴシゴシこすったり、過度な角栓ケアによる強い刺激がニキビの原因になります。
また、ファンデーションの洗い残しなども原因の一つです。

・頬

頬は乾燥の影響を受けやすいため乾燥によるニキビができやすく、他にも油っこい食べ物を沢山食べたり、ホルモンバランスの乱れによって過剰な皮脂分泌を起こすことが原因です。

不清潔な枕カバーやバスタオルに繁殖している雑菌もニキビの原因になります。

・あご

あごのニキビは体の内側に原因があることが多いです。生理でホルモンバランスが乱れたり、ストレスによって出てくることが多く、治りずらいのが特徴です。

肌のタイプごとの違い

思春期ニキビはオイリー肌の人ができやすいと言われていますが、大人ニキビの場合は肌質が異なってきます。自分がどの肌質かしっかり理解しましょう。

・乾燥肌

皮脂量が少なく、秋冬が特に感想が目立ちます。

冷暖房などでダメージを受けやすく、肌がツッパってると感じることが多いです。

・脂性肌

肌がべたついていて、乾燥の悩みはありません。また、外的刺激には強く肌は丈夫ですが

毛穴が開いていて目立ってしまってたり化粧崩れが早いので、夏に肌トラブルを起こすことが多いです。

・混合肌

肌の水分と油分のバランスが崩れてしまっているので、べたついてニキビができている部分と、
カサカサしていて粉をふいている部分が混同しています。

季節の変わり目ごとに肌質が変わるのもとても厄介なところです。

正しいスキンケアの方法

正しい洗顔

大人ニキビはしつこく治りずらいうえに、治ったと思ったらまた違う場所に出てきたりと、とてもストレスで憂鬱になります。

なかなか治らないからといってよく耳にするのが、洗顔時にゴシゴシと強くこすってしまったり、洗顔ネットを買うのが面倒で泡立てずに洗顔をしてしまったり…

これはらどれもNG行為です。

洗顔をするときは洗顔料をよく泡立てて泡でパックをするイメージで、優しくこすらないように洗顔をしましょう。

また、洗い流す時は、シャワーを直接顔に当てて洗い流すとシャワーの水圧が刺激になってしまうので、両手にぬるま湯をためて優しく洗い流しましょう。

熱いお湯で洗い流すと乾燥の原因になってしまうので、体温よりも低い温度が適温です。

毎日のスキンケア

洗顔の他にも毎日のスキンケアで大事なことは沢山あります。

・クレンジング

メイク汚れや皮脂をしっかり落としきれず皮脂や汚れが残り毛穴が詰まる、激しくこすって起きる摩擦、クレンジングの洗浄力が強すぎて肌が乾燥する。これらは皮膚のバリア機能低下の原因になってしまいます。

脂性肌の人はしっかりと皮脂や汚れを落としくれるオイル(リキッド)タイプのクレンジング、乾燥肌の人はしっかり潤いを肌に与えてくれる刺激の少ないジェルタイプのクレンジング、といった感じで、自分の肌質に合ったクレンジングを選びましょう。

クレンジングの成分についても気をつける点があります。

クレンジングには界面活性剤というものが使われていますが、界面活性剤自体は自然にあるもので、天然成分から抽出したものであれば肌にダメージはありません。

しかし、石油由来の化学的に合成された界面活性剤はとても強力なため、肌を守る皮脂まで一緒に洗い流してしまい、さらに肌を乾燥させてしまうリスクがあります。

クレンジングを選ぶ時は、成分についても知っておくことが重要です。

・化粧水

お風呂上がりになんとなくつけている化粧水も、付け方を変えるだけでニキビの悪化を防ぐことができます。

化粧水をつける時はコットンを使うと摩擦が起きてしまい肌に刺激を与えてしまうので、素手で優しく刺激を与えないようにつけましょう。素手でつけると人肌で温めてなじませることができるので、浸透力がUPします。

つけかたのコツは、乾燥しやすい頬とおでこから伸ばしていき、最終的に小鼻や細かいところにつけ忘れがないように浸透させていきましょう。素手でつける場合は肌全体に均等につけることが難しいので、均等に伸ばすことを意識すると良いでしょう。化粧水の後は乳液やクリームなどで蓋をして、しっかりと保湿をすることがポイントです。

化粧水の成分についても気をつけておきたいことがあります。

使用後お肌にツヤ感を出させるために、合成ポリマーという成分が入っているものがあります。

つけた時はつるんとしてお肌が綺麗になったと錯覚しますが、薄いサランラップを貼っていることと同じようなもの。

皮膚を密封してしまうため、皮膚環境にはよくありません。

また合成ポリマーは化粧水だけでなく、化粧品やヘアケア商品にも使われていることがあります。

生活習慣の見直し

スキンケア以外にも見直さなければいけないことがあります。

夜遅い時間の食事、栄養が偏った食事(油っこいものや糖分の多い食べ物)、長時間のスマホ操作でブルーライトを浴びることも肌荒れの原因につながります。

ブルーライトは可視光線の中では波長がもっとも短く、紫外線に近い光線です。

目の疲労や精神的疲労の原因になると言われていますが、色素沈着やシワ、たるみ、光老化などのお肌へのダメージがあることがわかっています。

PCやスマホを長時間使わざるを得ないという人は、画面の明るさを抑えて物理的にブルーライト量を減らす、ブルーライトカット効果のあるベースメイクを使用するなどの対策をすることをおすすめします。

まずは見落としがちな生活習慣を見直すところから始めましょう。

まとめ

大人ニキビはしつこくなかなか治らないので、とてもストレスになりますよね。

そのストレスも内面からきている肌荒れの原因になるのでとても悪循環です。

なかなか治らないからといって焦ってニキビを潰したりせずに、じっくり治していくことが正しい対処法です。

また、専門医に相談し指導してもらうことで、正しいスキンケアや自分の肌にあった対処法を見つけられるかもしれません。

大人ニキビと上手に付き合っていくことも、悪化させずに早く治せる近道になるでしょう。

コメント